驚き!希少性が高い切手の額

切手収集の醍醐味とは

切手収集家というものは、重複している切手を買取に出したり、切手収集家同士で交換し合ったりしています。特に、高額切手の場合は、直接、交換することで、オークションなどの手数料を節約出来るわけです。切手収集の醍醐味は、同じ価値観を共有できる仲間との触れ合いにもあるので、切手交換により連帯感が強まるわけです。
切手収集のもう一つの醍醐味は、やはり自分のコレクションを充実させることにあります。その為に、時には手放したくない切手をも交換に出す場合もあり、相手との駆け引きもまた楽しいものになると言えます。通常は、価値の高い種類に対しては、切手の枚数によって対応しますが、それでも相手が納得しなければ、金銭が介入することになります。その際に利用されるのが、切手カタログで、あらゆる種類の切手の評価額が載っています。

プレミアム切手の値段

一般的に、切手カタログに記載されている評価額と実際の買取価格には差が生じます。切手買取業者は、切手カタログではなく、金券買取市場での現在の評価額を基にするからです。それ故、切手の種類によって評価額が大きく分かれ、人気のある切手はどんどん評価額が上がり、人気がなければその逆になるわけです。最近の記念切手の発行枚数は2000万~5000万枚になっているので、希少性に欠けたものは、大幅に額面割れをしてしまうと言えます。
一方で、プレミア切手と称される切手は、いつの時代にも根強い人気があり、高価格で取引されています。 「月に雁」や「見返り美人」「市川海老蔵」や「ビロードを吹く娘」など、特に有名になっています。これらの中でも、製造年代が古いほうが価値があり、1955年以前のものが高価格取引されています。そして、現在、最も注目されているのが中国切手と呼ばれるもので、一枚、数千円から数十万円で取引されており、最高額となると数千万に及んでいます。